川田芳好堂 オンラインショップ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
五月人形 雄山作 7号 上杉謙信 飯綱権現前立兜
104,800円(税込)
購入数

五月人形 雄山作 7号 上杉謙信 飯綱権現前立兜
104,800円(税込)
「五月人形」を飾る意義
鎧兜は身を護る大切な道具であり、日本伝統の武士道精神を象徴する宝物。
男の子の成長を見守ってくれる、その子の守り神のような存在です。
生まれてきた男の子に対する、周りの人たちのあたたかな思いをかたちにしたもの。
誕生をこころから喜び、健やかな成長と将来の幸せを願う「愛情のかたち」そのものなのです。




<サイズ>間口47僉澑行41儿發41




謙信は武神毘沙門天の熱心な信仰家で、本陣の旗印にも「毘」の文字を使った。また、三宝荒神を前立に使った変わり兜を所有していたとされる。使用していた兜は、飯綱明神前立鉄錆地張兜。
緻密に再現された兜を引き立てるためシンプルな屏風で合わせました。











後ろから見ると小札を一つ一つ緻密に編み込んでいるのがよくわかります。
手に乗るほどの大きさながら精巧に再現されています。









<お買い上げプレゼント>
・陣羽織 ・高坏 ・オルゴール ・毛せん ・手袋 ・はたき













この商品を購入する