川田芳好堂 オンラインショップ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
間口65僉澑行38儿發51
五月人形 加藤一冑作 三分の一 和紙小札本金箔押兜
307,000円(税込)
購入数

五月人形 加藤一冑作 三分の一 和紙小札本金箔押兜
307,000円(税込)
「五月人形」を飾る意義
鎧兜は身を護る大切な道具であり、日本伝統の武士道精神を象徴する宝物。
男の子の成長を見守ってくれる、その子の守り神のような存在です。
生まれてきた男の子に対する、周りの人たちのあたたかな思いをかたちにしたもの。
誕生をこころから喜び、健やかな成長と将来の幸せを願う「愛情のかたち」そのものなのです。




<サイズ>間口65僉澑行38儿發51



加藤一冑による和紙小札本金箔押兜です。和紙の小札を一枚づつ並べ塗り固め、その上から本金箔押しをした兜です。
非常に手間がかかり職人の熟練した技術が必要で、手造りりならではの美しさがあります。
伝統工芸士の作る本物の兜を、本仕立金屏風がさらに魅力を引き立てます。











吹き返しの鹿革には唐獅子牡丹の柄が入ります。


後ろから見ると本金箔押小札の美しさがわかります。








刀の鞘(さや)には本革を巻き、柄(つか)は鮫川が使われています。
弓の弦巻(つるまき)は本金箔押です。
飾り金具は24金本金鍍金が施されています。







<お買い上げプレゼント>
・陣羽織 ・高坏 ・オルゴール ・毛せん ・手袋 ・はたき









この商品を購入する